Riri’s Blog

ファッション,コスメが大好き♡ アラサー・都内在住アパレル系OLのRiriが綴る、ゆるいブログです。 乾燥肌で保湿命、オーガニックコスメが好物。 実際に使用して良かった商品のレビューや戯言をお届けいたします。

【働き方】仕事って辛いもの?我慢するもの?

f:id:riri_y:20190304220422j:plain

 

最近、やりたくない仕事をやらされ精神的に疲弊している人を目にしました。

"やりたくない"という響きだけでもうなんだかツライですね。。。

 

もちろん、それを励ます周りの声は、

「仕事は我慢するものだ!」です。

 

考えただけで、生まれてきたことが嫌になりそうです。。。w

 

私自身、過去にやりたくない仕事をやり、体調を崩してしまった経験がありました。

 

会社の都合で、一時的にやらなくてはならない状況だったからです。

頑張ったその先の、トンネルの向こう側が見えていたから、嫌々ながらも引き受ける事ができました。

 

しかし体は正直ですね、、

"嫌々やっている"という事実とその意識が、体調を悪くしてしまいました。

病は気から、って本当なんですよね。

 

楽しくない→憂鬱→体調崩す→やる気が出ない→行きたくない

という素晴らしい悪循環を生み出します。

 

頭では"あと少し頑張ったら好きな仕事ができる!"事が分かってはいるものの、とにかく気持ちが憂鬱なので、全く前向きな気持ちになれませんでした。(鬱気味?)

それはもう、会社の事を考えるだけで吐き気がするほどでした。

 

しかしやる気が湧かないながらも何とか乗り切ったその後には、明るい展開が待っていました。

 

頑張ってよかったな、と思いましたが、正直あのまま精神を病んでいたら、社会復帰できていなかった可能性もあります。

なんならそのような人を目の前でも見てきました。

 

自分がやりたいこと、好きなこと、だからこそ、そこで生じる様々な出来事を乗り越えられるのであって、

やりたくもないことをわざわざやって精神を病む必要なんて全くないと思うのです。

 

せっかく授かった命で、限りある人生の貴重な時間を、やりたくもないことに費やす時間が勿体無いと思ってしまいます。

 

時には断ることも大切です。

 

私は二度と同じ経験をしないために、断るということを覚えました。

自分を守るためです。

 

初めは断る事に対しての罪悪感もありましたし、上司や仕事相手の反応は当たり前にいいと言えるものではなかったです。

だけれども、会社のために生きている訳でもないですし、体調を崩した時には結局誰も助けてはくれません。

口では優しく「大丈夫?」と心配してくれるかもしれませんが、そこに生活の保証は全くないですよね。

 

そして、"断る"事ができる人になると、"何でもしてくれる人"から脱却できるというメリットもあります。

 

自分の価値を自分で高め、自分の身を自分で守るのです。

 

断る、だけにとどまらず、転職・退職も全然アリですよね。

世の中たーくさんの仕事や働き方がありますものね。

 

「続ける事に意味がある」「勤続年数こそ頑張った証」「我慢するのが仕事」

そういう考え方もあると思います。

 

でも、ワガママに生きるっていうのも、ひとつの生き方として、ぜんぜんアリなんじゃないでしょうか。