Riri’s Blog

コスメ(特にオーガニックコスメ)が好きなアパレル会社に勤めるOLです。乾燥肌かつ敏感肌。

【女のはなし】女性が毎日化粧をする理由とは?

f:id:riri_y:20181223092252j:plain

その昔化粧という文化が始まった起源は、

諸説ありますが魔除け・保身をする意味から来ているものと言われています。

 

↓真面目に読みたい人にオススメのリンクです↓

ポーラ文化研究所|やさしい化粧文化史-入門編- 第1回 化粧のはじまり

化粧の文化地理

 

でも、現代の日本人女性達に魔除けをする文化なんて残っていませんよね。(もし、している方がいらしたらすみません・・・)

現代女性は、どうしてわざわざ”化粧”にお金も時間もかけているの?

その疑問を紐解いていく!

 

 

1.自己表現・自己主張

現代はネット・SNSが盛んになったことで、メイクや美容に関する情報も簡単に取り入れられるようになりましたよね。

たくさんの情報が溢れる中で、選択肢が広がり、メイクの方法も多様化しているように思います。

自分を綺麗に見せるためのメイクをはじめ、ファッションの一部として奇抜なメイクをされる方もいらっしゃいますよね。

"私はこういう人間"、"こういうものが好き"といった内面の部分を、化粧を通じて外へ向かって表現しているのです。

2.モテるため

モテるというと男ウケを狙ってる、みたいな悪い意味で捉えられがちですが、そうではなくて男女問わずに好感を持ってもらえる、という意味を指します。

人と会った時、相手がどこの誰であろうと、まずは顔を見ることからコンタクトが始まりますよね。

それゆえ自分を印象付ける"顔"は大切なのです。

相手を不快な気持ちにさせないよう、身だしなみを整えるといった意味合いになるでしょうか。

小汚い人より、綺麗にしている人と一緒にいる方が、もちろん気持ちはいいですよね。

・一週間お風呂に入っていない人と、今朝お風呂に入った人。

・唇ががさがさの人と、唇に健康的な色のリップを塗って潤っている人。

どちらが相手にとって心地がいいか、ということですね。

ここで指すのは"化粧しているか"というよりかは"清潔感があるか"になりますね。

3.印象(イメージ)作り

『2.モテるため』に準ずる理由になりますが、仕事でお客様を相手にするとき。

こういう印象を与えたい、信用させたい、などという意味での戦略的な"人物像"ってありますよね。

優しそうに見せたければ、優しそうに見えるメイクをする。

こんな単純なことが、受け取り側の気持ちをいとも簡単に変えてしまうのです。

例えば濃さが売りの化粧品ブランドのカウンターへ行ったとして、分かりやすく文字通り濃いメイクをしているBAさんがいたら?

直感的に、この人なら詳しそうだから聞いてみようかな、って思えますよね。

そして"信用できそう"というイメージを先入観で持っていますから、何を言われてもすんなりと話が聞けるのです。

 

4.好きな人の気をひきたい

これは化粧が楽しくなりますよね!!!

好きな人に見てもらいたい。可愛い、綺麗って思ってほしい。そんなアピール♡

恋する彼がモチベーションになった時の女は最強ですね。

化粧のみならず、美容全般、洋服選びにも念が入っちゃいます。

全部が全部、バラ色に、楽しくなってしまうんですよ〜!

だから「恋をすると女は綺麗になる」とよく言われているんですね。

だって、好きになってもらいたいですもんね♡(笑)

4.元気になりたい

朝、化粧を始めると何だか気持ちが切り替わるのを感じます。

一日の始まり、シャキッとして気合いを入れる儀式みたいなものですかね。

まぁ、分かりやすく言うと、冷たい水で顔を洗うようなものですかね。(ちょっと違う?)

そういった気持ちの切り替え効果もありますし、元気がない時でも化粧をすることによって"美しい自分"を演出すれば、自然と"美しい自分"の振る舞いや仕草が出てくるものなんです。

化粧って不思議。

スッピンの時と化粧をしている時、意識はしていないけど、多分、ちょっと違う人間になってる。

進化したバージョン2みたいな感じ。

5.化粧品にワクワクする

化粧品売り場へ出向いたり、ネットで夜な夜な気になるコスメを探したり・・・

「わぁー、この色可愛い!!!」ってテンション上がる瞬間、幸せですよね。

なんかもうね、ただ見てるだけでも心踊っちゃいますよね。

デパートの化粧品フロアに群がる女性達はゲームに夢中になっている男性諸君と同じ気持ちなのだと理解してね!(おねがい♡)

6.コンプレックスを隠したい

コンプレックスの大小は人それぞれですが、化粧でカバーできるコンプレックスもあります。

例えば、

・血色が悪い⇒明るい色のチークで血色を良く見せる

・顔が大きい⇒シェーディングで小顔に見せる

・アムラー全盛期に眉毛を抜きすぎて、生えなくなった・・・⇒眉毛描く

などして、コンプレックスを気にせず、明るい気持ちになって外出することができます。

見られたくない、人に会いたくないと思ってしまうようなコンプレックスも、化粧によって自信をつけて、解消できることもあります。

 

最後に

女性が毎日化粧をするのには、このようなメリットがたくさんあるんですね。

っていうのは分かるんですけど、それにしても人間って不思議な生き物〜(笑)

物心ついた時から、身近にいる母親は当たり前に化粧をしていて、そんな母親の真似をして口紅を塗ってみたり、可愛い顔したリカちゃん人形に惹かれたり。

女の子って、本能で"可愛いもの"、"綺麗なもの"が好きなのかな。

とすると、それは男性を惹きつけるために備わった本能なのか・・・

考え出すと止まらない・・・